台風被害を間接的に受けて思ったこと〜その2〜

その1から、約5ヶ月が経ってしまいました。

振り返りのために、その1はこちらへ

宮古島から帰ってきて、早速ですが、ゲストハウス「ぷれぜんと」にも常備品として、保存食や水を購入しました。

これだけでは足りないと思いますが、少しでもゲストの方に安心していただければと思ってのことです。

他にも、500mlのペットボトルの水を常備しております。

ちなみに、ツナ缶は、停電時にランプの代わりになるので、良いと紹介されてました。

ツナ缶ランプ

※台風等、屋内が安全な時の停電時は良いですが、地震の場合には絶対にやめましょう。火事を引き起こしてしまう可能性があります。

宮古島ほどの強い台風はあまり来ませんが、昨年10月の台風19号によって関東地方に甚大な被害が出たのは、皆さんも記憶に新しいかもしれません。

特に東京は、南海トラフ地震がいつ起き甚大な被害が出ると予測されていますので、そういった意味でも防災対策は大事だなとゲストハウスとしても個人としても考えています。

これからもっとたくさんの防災用品等を常備し、安心してご宿泊していただけるよう努めていきます。


渋谷から9分・新宿から12分、東京都杉並区永福にあるゲストハウスぷれぜんとです。

当ゲストハウス「ぷれぜんと」は、ゲストの方が快適に過ごせるように、設計しセルフリノベーションしています。